09
October

新入社員に伝えたかったこと

10月3日、来年4月に入社する学生の内定式を行いました。

恒例の代表メッセージ。
今年の4月入社の新卒が行った「事業立ち上げ研修」でのエピソードを中心に話しました。

ちなみに、研修の詳しい内容はこちら。
・創業メンバー桂のインタビュー記事 : リブセンスの新人研修はなぜバズったのか。『Pacirii』を生み出して分かった「社員育成」の心得
・利用者の方のブログ(ご紹介、ありがとうございます!!) : +50円で欲しいものを買って届けてくれるネットサービス「Pacirii」(パシリイ)が超便利だった!

手っ取り早く言うと、「新入社員4名で、1ヶ月以内に、予算30万円で、速達系サービスを立ちあげ、利益を上げろ」という超実践型の研修です。

新卒メンバーの「新規事業で直面した38の絶望」というエントリーを読むと、苦労しながらも、多くのことを学んでくれたんだなあ、としみじみ感じます。

個人的に一番嬉しかったのは、最後の振り返りミーティングのとき。
メンバーの一人、Sくんが「本当に配達されるんだ!とお客様が喜んでくれたんです。」と、それまで見せたこともない、最上級の笑顔を浮かべて話していました。

お客様以上に、サービスを提供している本人達が幸せを感じてる!
人に喜んでもらえるものをつくれば、つくっている方もハッピーになる!
リブセンスの理念「幸せから生まれる幸せ」って、まさにこの感じ!!

この研修をやって本当に良かったと、強く思った瞬間でした。

でも、ビジネスとして成り立ったかというと…
正直、全くダメ、継続性はゼロでした。

いくらお客様に喜んでいただけたとしても、継続・拡大できる仕組みに昇華しなければ、サークル活動のようなもの。ビジネスとしては失格です。

新卒研修からはや6ヶ月。

「幸せから生まれる幸せ」という肌感覚をつかんだメンバーも、「お客様満足度」と「継続性・拡大可能性」の2つを両立させる難しさにちょうど触れている時期です。
難しさでもあるんだけど、それをいかに両立させるか、そのための仕組み・方法を考えるのがビジネスの楽しさなんだよなぁ。

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!