30
September

裁判所からの書類

先日母から突然
「裁判所から書類が来ているけれども、あんた、なにか悪いことでもしたん?」
との連絡が。

「ん!?まさか、あの件か…」と思い開いたら案の定、破産手続き中のマウントゴックス社からの書類でした。
ビットコインで一躍有名になった、マウントゴックス社です。

そうなんです。
私、約1000人と言われている日本人債権者の内の1人です(笑)
友人、両親からもバカにされ、肩身の狭い思いをしています。
儲けようとかではなく、ただのリサーチなのですが、バカにされるとさすがに凹みます。。。

が、最近は開き直り、当社の欲しい人材は「新しい可能性や価値を積極的に自ら試す意欲のある人材」という意味で「マウントゴックスの債権者になるような人です。」と言っています。
ジョークに聞こえるかもしれませんが、結構本気!!

貨幣という、世を動かす仕組みの根本が、大きく変わるかもしれない。
新規事業としては絶好のネタ。想像がつかないレベルの市場規模と影響力。
そのチャンスを掴むべく、免許証だけではなく、住民票の提出まで求められても(本当に面倒!!)アカウントを開設する気合いがある!!
そんな好奇心旺盛な行動力ある人材が集まる会社にしたい!!
と、自身の失敗を強引に肯定しています(笑)

ところで、一体いくら戻ってくるんだろうか。。。
私のビットコインはどこへ。。。

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!