25
March

waja社のグループ化について

本日プレスリリースを発表した通り、世界のバイヤーから買える海外ファッション通販サイトwajaを中心にサービス展開するwaja社のグループ化を決定しました。
早速ですが、私がwaja社を好きになった理由をいくつか紹介させてください。

超高効率なフルフィルメント

waja社の特徴は、C2Cにも関わらず、採寸、撮影、出荷などのフルフィルメント機能を持っている点です。
グループ化にあたり、フルフィルメントセンターへ見学にも行きました。
そこで見たオペレーションは、「効率化」という言葉に人一倍こだわりを持つ私が見ても驚くレベル。
検品、採寸、撮影など、無駄のない作業に思わず舌を巻きました。(厳密に言うと、いくつかは「もっとこう出来るかも!!」という点がありましたがw)
設立から10年以上。
「C2C×フルフィルメント」というモデルで利益を出せる体制に持っていくのは、なかなかのハードルですが、改善を続けたノウハウがあるからこそ実現できたのだとわかりました。
高効率・低コストフルフィルメントを武器に、1点モノである中古品・海外への拡大など、多くの可能性を感じました。

 

越境ECの可能性

以前のエントリー「未来ではあたりまえ!!注目する8つの領域」でも取り上げた「世界のフラット化の推進」というテーマにも合致しますが、日本における越境ECの可能性は「本日公開した紹介資料」にも掲載している通り、2013年から2020年で4倍になるという見立て(経済産業省調べ)です。
「他国から日本」という点はもちろん、ネットワークを元に「海外から海外」の越境ECへの展開も考えられます。
世界のフラット化を推進させるサービスとなりうるwajaの可能性の大きさに、とても興奮しました。

 

実際に利用してみて

サービスとしていくら優れた側面があったとしても、ユーザーとして利用した時の感覚が結局はすべて。
いくつかのペルソナになりきり(顔写真を見て、それぞれの人になりきりますw)、waja、類似サイトを利用・購入してみました。

越境ECだと2週間以上待たされるのもザラで、しかも、想定とサイズが違うといった問題も…。
waja社はフルフィルメント機能を持っているので、サイズギャップもないし、なにより届くまでが早い!!(私の場合、翌日に到着)
競合サービスと比較しても、素晴らしいユーザー体験を提供していると感じました。
ユーザー体験の1つの指標として考えられる年間購入金額は55,000円。ファッションECの中でもトップクラスなのではないでしょうか?
ポテンシャルは十分。集客面・マーケティング面のノウハウを注入することで、より多くの人にサービスを届けられると思いました。

 

経営者との相性

実は2007年から「一緒にやりたい会社リスト」に入っていたwaja社。
プロダクトを見ると、経営者の性格というのはなんとなくわかるものです。
「真面目、誠実な人がやっているのだろう」と当時から思っていましたが、ファウンダーの小安さんにお会いしてみたら案の定。
世界一周をする行動力(世界一周時のブログ)、サイト内でお世話になった人を掲載する人間性、徹底的に改善を続ける姿勢。
この人、このチームとなら一緒にやっていけると思いました。

 

wajaの他にもREASONアウトレットFASHION CHARITY PROJECTを運営しており、いずれも今後の成長が期待できます。

と、褒めまくってきましたが、もちろん、何もかもが完璧!というサービスではありません。
カテゴリによっては商品数が極端に少なかったり、サイトの表示スピードが遅かったり…まだまだ課題や改善点はあります。
そうしたひとつひとつと向き合って、これまで以上に素晴らしいサービスにしていくことで、「リブセンスと一緒に仕事をして良かった」「リブセンスが加わったことで事業が加速した」と言ってもらえるようになりたいです。

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!

15
January

起業家志望の学生へ STARTUP50 for Studentsを開始します

「25歳、最年少での東証一部上場実現に際して、影響の大きかった出来事は?」と聞かれた際に思い浮かぶ一つに、現在クックパッドの社長、価格.com、食べログなどの成長にも大きな影響を与えた穐田さんとの出会いがあります。

穐田さんと出会ったのは、23歳のとき。
ちょうど事業について悩んでいた時期でした。
実際に話したのは50分足らず。
けれど、その出会いによって迷いが消え、自らの進むべき方向がクリアになりました。

50分というのは、短いようで、案外長い。
誰かから影響を受けたり、必要な気付きを得たりするには十分な時間です。

私が体験した出会いを、他の人にも経験して欲しい。
そんな思いから「STARTUP50」という、穐田さんと私、そして起業家もしくは起業家志望の方とのビジネスディスカッション企画を昨年始めました。
23歳だった私が穐田さんから受けたのと同じような影響を、応募者の皆さんにも2回の実施を通じて与えることができたのではと思います。(偉そうにスミマセン…)
ところで、STARTUP 50には、学生からの応募も多くあります。
ただ、ビジネス経験の豊富な社会人と同じ基準で選考すると、どうしても見劣りしてしまい、最終選考まで残ることはほとんどありません。

そんなある時、同じく学生時代に起業して上場させたドリコムの内藤さんと話をしていた所「学生ベンチャーには、いくつかの共通した試行錯誤があること」に気付きました。

例えば、スタートアップ時のメンバー集め。
採用力のない学生ベンチャーにとって、ビジネスの第一線で活躍する優秀な人材を採用する事は、ほぼ不可能。
一方で、学生という立場上、優秀な学生へのアプローチは容易。
その強みを活かして、優秀な学生を集め、一緒に成長していく方が、組織の強みにもなります。
ドリコム、リブセンス共に、そのように集めたメンバーが今でも活躍しています。

こういった「学生ベンチャーあるある」的なことをシェアし、当事者ならではの経験や教訓を学生たちに伝え、ベンチャー市場を盛り上げていく必要がある。
そこで、新たに企画したのが、応募資格を学生だけに限定した「STARTUP50 for Students」です。
内藤さんに応援を依頼したところ、快く応じていただき、実現に至りました。

私も内藤さんも、学生向けに講演をする機会は沢山あるものの、公では話せない、クローズドな場所だからこそ話せることも多くあります。
私自身が多くの先輩起業家から影響を受けたように、学生起業家、起業家志望の学生に良い影響を与えられる時間にしたい。
学生ベンチャー出身者として、学生たちこそ是非応援したいと思っています。

興味がある方は、こちらからどうぞ!!
STARTUP50 for Students : http://students.startup50.jp/

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!

26
December

未来ではあたりまえ!! 注目する8つの領域

毎週金曜日の朝、始業前に英語のレッスンを受けています。
一念発起して始めたのは今年の4月。
毎回結構なボリュームの宿題が出るのですが、素敵な先生のおかげで音を上げずに続けられています。
今は「毎日の勉強」と「週一のテスト」という良いリズムが生活の中に定着してきました。

今週の宿題の一つはY Combinatorが書いた「Organic Startup Ideas」の読解。
個人的に、未来予測やこれから出てくるサービス予想は大好物です。
Y Combinatorがスタートアップ起業家にリクエストし、最も注目する22の事業領域!2020年までにITが引き起こすビジネスの変化トップ10をガートナーが発表など、「起業(新規事業)のアイデア」にフォーカスした記事を、日本語でも(というか日本語がメインですが)好んで読んでいます。

年の瀬も迫っていることですし、ここはひとつ、私も「トレンド予測」をしてみようと思います!
どちらかというと、「トレンド予測」というより「私が身近に感じる問題」という観点からの意見が中心ですがw

注目する領域

医療×IT

遅ればせながら、DeNAファンダーの南場智子さんの著書、不格好経営を読みました。
ご主人が病気になられた際、体系的な医療知識を持たない南場さんは、最適な治療方法がわからず意思決定に苦しんだそうです。
その後、個人でプロジェクトチームを結成して主体的に治療方法を選択した結果、ご主人は無事に回復されていますが、インターネットがこれだけ普及した現代でも、必要な医療情報には簡単に巡りつけない、という現実を痛感しました。
情報が溢れている、と言われる一方で、本当に必要とされる情報は、まだまだインターネットに公開されていない。
Wikipediaの病気についてのページは90%が間違いという記事にもある通り、医療×ITの領域にはたくさんの課題があります。
正しい情報の公開はもちろん、最適で最新の治療方法や、病院・医師の紹介など、最適化の余地が大いにあります。
病院でのムダに長い診察の待ち時間、あれもどうにかしたいんですよね。

日本人×金融

黒田総裁が「2%のインフレ目標」を言明する中、お金をただ銀行に預ける時代から、金融商品へ積極投資する時代へのシフトが起こるはず。
ところが、金融機関が個人へ販売する投資商品の販売額ランキングは、販売元への手数料ランキングかと錯覚するようなラインナップ。
金融教育はもちろん、資産管理とアドバイス、消費者視点にたった金融商品が求められていると感じます。

B2B×IT

先日、約10万人を越える国内外の参加者が集まる工作機械、精密測定機器などの展示会「日本国際工作機械見本市(JIMTOF)」を訪れました。
普段あまり接点のない製造業界の現場に、日本のモノ作りの底力を感じる一方で、「展示会」という従来型の仕組みには、まだまだIT化ができそうな点が多いと感じました。
海外、販促・営業を含めたB2B領域のIT化には、大きなポテンシャルを感じます。
商社や代理店のIT化、とも言い換えられるかもしれません。

シニア×IT

2006年に会社を創業した頃から、さり気なく注目しているサービスがあります。
DeNAさんが運営する趣味人倶楽部です。
中身を見てみると、なかなか濃密なコミニティが形成されている様子。アクセスに対するコメントの付き方が凄い!
スマホが普及した(シニア目線で語ると「普及し始めている」)からこそできる、シニア×ITという領域には可能性を感じます。
可処分時間も大きく、共通の趣味などでのつながりを求めるシニア層に向けたコミニティサービスは、スマホに最適化した形で新たに生まれてもおかしくないと思います。

世界のフラット化の推進

「インターネットにより、世界がフラット化する」と言われてから随分経ちます。が、まだまだちっともフラット化していません。
海外から日本に持ち込んだだけの商品が本国の数倍の値段で売られていたり、日本未進出のブランドの商品を買うにはかなりの手間がかかったり。
越境EC、海外への仕事の発注をはじめ、世界をフラット化する動きには、まだまだ可能性を感じます。

予防治療

半年に1度は予防治療のために歯石を落としに行く私。
周囲に話すと「そんな事、普通はしない」という声が圧倒的。
トータルで時間とコストを考えると最適化しているつもりですが、一般的にはそこまで意識して合理的なアクションを取ったりはしないようです。
体調チェックのウェアラブルデバイスや、排泄物を自動的に採取して分析するシステムなど、もっと手軽に、もっと当たり前に予防治療ができるようになれば・・・私たちの命や健康が突然損なわれることもなくなり、医療費の抑制にもつながるのではないかと思います。

社内適材適所の推進

今年、北米に設立したリブセンスアメリカにエンジニアとして赴任した新卒3年目のW君。
実は内定を出すまではプログラミング未経験の文系でした。
エンジニアとしての適性を評価し、0からマンツーマンでエンジニア教育を施したところ、わずか3年で立派なエンジニアに成長。少数精鋭のアメリカチームに参加するまでになりました。
社員特性の把握×ビッグデータの活用により、人事最適化、相性に応じた配置転換など、組織をもっと最適化できるんじゃないかと思います。
会社と人の適材適所によりGDPが10%上がってもおかしくない、と考える私にとって、社内の適材適所も同じくらい注目している領域です。

学校教育×IT

人口が減少していく中、国力を上げるには教育は不可欠。
社内のビジネスプランコンテスト「Egg」にも、教育関連のアイディアは毎回出されます。
世の中の一部ではなく全体を変えるためには、特定の層に向けた付加価値の高い教育サービスだけではなく、小・中・高校、大学での教育の仕組みそのものを改革する必要があると感じています。
もっと簡単に先生の評価ができ、もっと簡単に生徒が質問ができ、もっと簡単に予習・復習ができる。
学校向けASP、学校向けポータル構築、学校向けツールの提供などで、改革を推進できないだろうかと思います。

最後に

捻り出すと永遠に書けそうなネタですが、今回はここまで。

突っ込みどころも多数あるかと思います。
既にあるよ、こんなサービスが欲しい、などなど、忌憚なきご意見お待ちしています!!

トレンドである、シェアリングエコノミー、ビッグデータ、スマホ×○○、動画広告、O2O、農業のIT化、IoT、キュレーション、ウェアラブル、ネット予約、ディープラーニングなどなど、キャッチーな要素も入れようかと思いましたが、他の記事でも散見されることが多いため、あえて差別化してみました。

同じテーマを考えていたのでディスカッションしたい、一緒に事業をやりませんかなど、記事を読んでインスピレーションを受けた方は、ゆるい形でも結構ですのでので、こちらよりご連絡ください。
既存事業の周辺領域である、新卒含めた就職関連の課題、不動産領域の課題をお持ちの方も、もちろん。

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!

28
October

アクセスが集まらないm(_ _)m

とてもへこんでいます。
頑張って書いたのに、前回の新入社員に伝えたかったことという記事、全然見てもらえませんでした…
と同時に、コンテンツをいかに見てもらうか(「コンテンツデリバリ」とでも言いましょうか)の大切さを痛感しました。

というのも前回の記事。
「Facebook、Twitterなどで一切投稿せずにどのくらいアクセスが集まるか」という実験も兼ねていました。
結果は散々。
初回、2回目の記事と比べ、50分の1程度のアクセス数でした。

graf

記事系メディアの流入元の多くがソーシャル経由になってきている中、あえて投稿しない、という冒険をしてみたわけですが、結果、コンテンツデリバリの大切さを身をもって感じることになりました。

バイラルメディアのパクリ記事のアクセス差を見ていてもわかりますが、コンテンツそのものではなく、コンテンツデリバリのうまさが”今は”成否をわけているなぁ、と感じます。
あえて”今は”という表現を使いましたが、中長期では「記事単位のコンテンツ消費」ではなく「サイト単位でのコンテンツ消費」が見直されてくると思っています。
記事単位でサイト名の認知もせずになんとなく見るのではなく、トップページに定期的に訪れるような、ブランドワードでアクセスして見るような。

編集方針が伝わり、コンテンツの品質が保たれたサイトの存在感が高まってくるはず。

とはいえ、まだまだ見られていないこのブログ(MURAKAMI ism)は記事単位から認知してもらう必要があります。
もっとコンテンツデリバリに力を入れなければ!!、ということで、遅ればせながらリブセンスのFacebookページ公式Twitterをつくりました。
私のFacebook、Twitterで毎回告知するという方法もありましたが、普段投稿しないのにMURAKAMI ismの記事ばかり投稿しているとうざいだろうなぁ、と思いまして。
MURAKAMI ismの他、リブセンスの日常を紹介するLIVESENSE info、エンジニアブログLIVESENSE made*などから人気の最新記事をお知らせします。

ご興味ある方はいいね、フォローをよろしくお願いします(^O^)

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!

09
October

新入社員に伝えたかったこと

10月3日、来年4月に入社する学生の内定式を行いました。

恒例の代表メッセージ。
今年の4月入社の新卒が行った「事業立ち上げ研修」でのエピソードを中心に話しました。

ちなみに、研修の詳しい内容はこちら。
・創業メンバー桂のインタビュー記事 : リブセンスの新人研修はなぜバズったのか。『Pacirii』を生み出して分かった「社員育成」の心得
・利用者の方のブログ(ご紹介、ありがとうございます!!) : +50円で欲しいものを買って届けてくれるネットサービス「Pacirii」(パシリイ)が超便利だった!

手っ取り早く言うと、「新入社員4名で、1ヶ月以内に、予算30万円で、速達系サービスを立ちあげ、利益を上げろ」という超実践型の研修です。

新卒メンバーの「新規事業で直面した38の絶望」というエントリーを読むと、苦労しながらも、多くのことを学んでくれたんだなあ、としみじみ感じます。

個人的に一番嬉しかったのは、最後の振り返りミーティングのとき。
メンバーの一人、Sくんが「本当に配達されるんだ!とお客様が喜んでくれたんです。」と、それまで見せたこともない、最上級の笑顔を浮かべて話していました。

お客様以上に、サービスを提供している本人達が幸せを感じてる!
人に喜んでもらえるものをつくれば、つくっている方もハッピーになる!
リブセンスの理念「幸せから生まれる幸せ」って、まさにこの感じ!!

この研修をやって本当に良かったと、強く思った瞬間でした。

でも、ビジネスとして成り立ったかというと…
正直、全くダメ、継続性はゼロでした。

いくらお客様に喜んでいただけたとしても、継続・拡大できる仕組みに昇華しなければ、サークル活動のようなもの。ビジネスとしては失格です。

新卒研修からはや6ヶ月。

「幸せから生まれる幸せ」という肌感覚をつかんだメンバーも、「お客様満足度」と「継続性・拡大可能性」の2つを両立させる難しさにちょうど触れている時期です。
難しさでもあるんだけど、それをいかに両立させるか、そのための仕組み・方法を考えるのがビジネスの楽しさなんだよなぁ。

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!

30
September

裁判所からの書類

先日母から突然
「裁判所から書類が来ているけれども、あんた、なにか悪いことでもしたん?」
との連絡が。

「ん!?まさか、あの件か…」と思い開いたら案の定、破産手続き中のマウントゴックス社からの書類でした。
ビットコインで一躍有名になった、マウントゴックス社です。

そうなんです。
私、約1000人と言われている日本人債権者の内の1人です(笑)
友人、両親からもバカにされ、肩身の狭い思いをしています。
儲けようとかではなく、ただのリサーチなのですが、バカにされるとさすがに凹みます。。。

が、最近は開き直り、当社の欲しい人材は「新しい可能性や価値を積極的に自ら試す意欲のある人材」という意味で「マウントゴックスの債権者になるような人です。」と言っています。
ジョークに聞こえるかもしれませんが、結構本気!!

貨幣という、世を動かす仕組みの根本が、大きく変わるかもしれない。
新規事業としては絶好のネタ。想像がつかないレベルの市場規模と影響力。
そのチャンスを掴むべく、免許証だけではなく、住民票の提出まで求められても(本当に面倒!!)アカウントを開設する気合いがある!!
そんな好奇心旺盛な行動力ある人材が集まる会社にしたい!!
と、自身の失敗を強引に肯定しています(笑)

ところで、一体いくら戻ってくるんだろうか。。。
私のビットコインはどこへ。。。

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!

19
September

カッコ良いブログが出来た

リブセンスの村上太一、ブログをスタートします。
なんだかカッコ良いデザイン。続けないと、デザイナーに怒られてしまいそうだ。

ブログを開設する場合、
一般的なブログサービスを利用して、規定のテンプレートを利用して・・・
となりそうだが、当社は違った。

デザイナーに「うまい具合に頼む!!」と言って出てきたブログがこれ。
独自ドメインで、デザインもカッコ良い!!

私もついつい、写真のアングル、パーツの作り込みなどに夢中に!!
随分と楽しい議論が出来た。

コストに対する効果だけを考えた場合、間違っている判断なのかもしれない。
ただ、なにかをつくる時に
こだわりの意識を持つ、常にひと工夫を加える
という社風を表すにあたっては、とっても良い事例なのかもしれない。

そして、そういうこだわりを持った社員の集まるリブセンスが、私は好きだ。
そんな大好きなリブセンスをもっと多くの人に伝えたい、と思いブログをスタートすることに。

会社のこと、個人のこと。過去のこと、未来のこと。
自分の言葉で書いていきたいと思います。

みなさま。応援頂けると幸いです。

リブセンス公式Facebook,twitterページも是非チェック!